─────────── 議長会 ───────────


■「平成30年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成29年11月27日(月)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成30年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.地域医療の充実について
2.八郎湖水質保全対策及び湖岸の整備等について
3.道路整備の促進及び道路施設の老朽化対策について
 

■第61回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  
平成29年11月22日(水)/東京都


 全国町村議会議長会は、去る11月22日、東京都において、「第61回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国927町村から議会議長・関係者等が参集し、大島理森衆議院議長、小倉將信総務大臣政務官をはじめ多数の来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言および決議17項目及び「東日本大震災及び熊本地震からの復旧・復興と大規模災害対策の確立に関する特別決議」、「地方創生のさらなる推進に関する特別決議」、「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、「参議院選挙における合区の解消に関する特別決議」、「地方議会議員の厚生年金制度への加入実現を求める特別決議」、要望事項26項目が満場一致で採択・決定されました。
 

■「平成29年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成28年11月22日(火)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成29年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.地域医療の充実について
2.「農業改革対応プラン」の着実な推進と秋田米ブランドの復活について
3.道路整備の促進及び道路施設の老朽化について



■第60回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  
平成28年11月9日(水)/東京都


 全国町村議会議長会は、去る11月9日、東京都において、「第60回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国927町村から議会議長・関係者等が参集し、安倍晋三内閣総理大臣、大島理森衆議院議長をはじめ多数の来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言および決議17項目及び「東日本大震災及び熊本地震からの復旧・復興と大規模災害対策の確立に関する特別決議」、「地方創生のさらなる推進に関する特別決議」、「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、「参議院選挙における合区の解消に関する特別決議」、「地方議会議員の厚生年金制度への加入実現を求める特別決議」、要望事項25項目が満場一致で採択・決定されました。


■第59回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  
平成27年11月11日(水)/東京都


 全国町村議会議長会は、去る11月11日、東京都において、「第59回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国928町村から議会議長・関係者等が参集し、大島理森衆議院議長、山崎正昭参議院議長をはじめ多数の来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言および決議17項目及び「東日本大震災からの復興と大規模災害対策の確立に関する特別決議」、「地方創生の推進に関する特別決議」、「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、「TPPに関する特別決議」、「日米地位協定の見直しに関する特別決議」、、要望事項25項目が満場一致で採択・決定されました。


■「平成28年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成27年11月6日(金)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成28年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.がん予防対策の推進について
2.「農業改革対応プラン」の着実な推進について
3.林業の振興について



■第58回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  
平成26年11月12日(水)/東京都


 全国町村議会議長会は、去る11月12日、東京都において、「第58回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国928町村から議会議長・関係者等が参集し、赤松広隆衆議院副議長、山崎正昭参議院議長をはじめ多数の来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言および決議16項目及び「東日本大震災からの復興と大規模災害対策の確立に関する特別決議」、「真の分権型社会の実現に関する特別決議」、「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、「道州制の導入に断固反対する特別決議」、「地方創生と人口減少克服に関する特別決議」、要望事項24項目が満場一致で採択・決定されました。


■「平成27年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成26年11月6日(木)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成27年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.「農政改革対応プラン」の着実な推進について
2.起業及び地元企業支援対策の推進について
3.河川改修・砂防事業及び治山事業の促進について


■第57回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  
平成25年11月13日(水)/東京都


 全国町村議会議長会は、去る11月13日、東京都において、「第57回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国930町村から議会議長・関係者等が参集し、安倍晋三内閣総理大臣、伊吹文明衆議院議長をはじめ多数の来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言および決議16項目及び「東日本大震災からの復興と大規模災害対策の確立に関する特別決議」、「真の分権型社会の実現に関する特別決議」、「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、「道州制の導入に断固反対する特別決議」、「TPPに関する特別決議」、要望事項24項目が満場一致で採択・決定されました。


■「平成26年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成25年10月29日(火)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成26年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.地域医療の充実について
2.企業誘致の積極的推進について
3.河川改修工事等の促進について


■第56回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
 
 平成24年11月14日(水)/東京都


 全国町村議会議長会は、去る11月14日、東京都において、「第56回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国931町村から議会議長・関係者等が参集し、横路孝弘衆議院議長、石破茂自由民主党幹事長をはじめ多数の来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言および決議16項目及び「東日本大震災からの復興と大規模災害対策の確立に関する特別決議」、「真の分権型社会の実現に関する特別決議」、「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、「社会保障制度改革に関する特別決議」、要望事項24項目が満場一致で採択・決定されました。


■「平成25年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成24年10月15日(木)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成25年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.地域医療の充実について
2.八郎湖水質保全対策について
3.県管理国道及び県道の整備促進について

4.河川改修工事等の促進について


■第55回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  
平成23年11月16日(水)/東京都


全国町村議会議長会は、去る11月16日、東京都において、「第55回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国933町村から議会議長・関係者等が出席しました。また、会場には輿石民主党幹事長、谷垣自由民主党総裁はじめ衆参両議会議員が多数来場しました。
 議事では、提案された宣言、決議15項目及び「東日本大震災からの早期復興に関する特別決議」「真の分権型社会の実現に関する特別決議」「町村税財源の充実強化に関する特別決議」「社会保障改革に関する特別決議」、要望24項目が満場一致で採択・決定されました。


■「TPPに関する緊急提案」および「平成24年度県予算及び施策に関する提案事項」
  平成23年11月15,16日/東京都

秋田県町村議会議長会は、去る11月15、16日、東京都において、秋田県関係国会議員に対し、「TPPに関する緊急提案」および「平成24年度県予算及び施策に関する提案事項」を要望しました。
 要望内容は次のとおりです。
**************************************
「TPPに関する緊急提案」

政府は、先般、TPP交渉への参加を表明したが、TPPは、全ての物品の関税を原則撤廃し、貿易の自由化を求めるものであり、それによって海外の安い農水産物が大量に流入し、我が国の農林水産業の維持・存続に大きな脅威を与えることとなる。
 農林水産業を基幹産業とする町村にとっては、長引く景気の低迷により、地域の活力が減退の一途をたどっており、さらに本年3月11日に発生した東日本大震災は、被災地のみならず我が国全体に大きな影響を及ぼしている。
 こうした中、TPPが締結されれば、農山漁村は崩壊するおそれが懸念されるところである。
 本会として、これまで我が国のTPPへの参加反対を強く要望してきたところであるが、TPPに関する十分な説明もなく、国民的な合意のないまま、環太平洋経済連携協定をすることは絶対に許されない。
 ここに、改めて環太平洋経済連携協定締結をしないことを強く求める。

「平成24年度政府予算及び施策に関する提案」

1.産業・経済救済対策の充実
2.交通インフラ整備の促進
3.地域医療対策の推進について
4.地方議会議員選挙の活性化


■「平成24年度県予算及び施策に関する提案事項」(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成23年10月27日(木)


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成24年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。
************************************
1.河川改修工事等の促進について
2.企業誘致の積極的推進について
3.地域医療の充実について

4.本県林業の再生について


■「平成22年度県予算及び施策に関する要望事項」【要望活動】(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成21年11月24日(火)/秋田市


 秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成22年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出し、知事はじめ県幹部との意見交換を行いました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。

************************************

1 「人口減少対策プロジェクトチーム(仮称)」の創設について

 本県が抱える最大の問題である人口減少問題に歯止めをかけるために、民間有識者や学識経験者を含めた、各部局を横断した特別チームを創設し、喫緊の課題として対策を講ずること。


2 “今こそチャレンジ”農業夢プラン応援事業の継続について

 “今こそチャレンジ”農業夢プラン応援事業(旧目指せ“元気な担い手”農業夢プラン応援事業)は、22年度まで実施されることになっているが、農家の期待も大きく、効果の高い支援策であり、地域農業を支える制度として欠くことのできない施策となっているので、平成23年度以降も継続すること。
 また、同事業における水稲関係の機械購入にあたっては、要件の緩和措置を講ずること。


3 県管理国道及び県道の整備促進について

 町村から整備要望のある箇所については、必要とする予算を確保し、早期に整備すること。


4 町村教育委員会への指導主事派遣について

 町村教育委員会への指導主事設置については、県において指導主事を確保し、町村へ派遣できる体制を構築すること。


■創立60周年記念第53回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  平成21年11月11日(水)/東京都

 
 全国町村議会議長会は、去る11月11日、東京都において、「創立60周年記念第53回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 記念式典・大会には、全国989町村から議会議長・関係者等1,700名が出席しました。また、会場には鳩山内閣総理大臣はじめ衆参両議会議員が多数来場しました。
 議事では、提案された宣言、決議14項目及び「分権型社会の実現に関する特別決議」「町村税財源の充実強化に関する特別決議」「新過疎法制定促進に関する特別決議」「後期高齢者医療制度の廃止に関する特別決議」、要望24項目が満場一致で採択・決定されました。
【町村議会議長全国大会に関する決議等詳細はこちら(全国町村議会議長会HP/pdfファイル)をご覧ください】


■第59回定期総会【決議・要望活動】
   平成21年2月24日(火)/市町村会館


〔決議〕
 秋田県町村議会議長会では、去る2月24日に開催した第59回定期総会において、以下の決議を採択しました。

        ***********************************************

 100年に一度と言われる世界同時不況は、本県経済にも深刻な影響を及ぼし、企業の倒産や労働者の解雇などが大きな問題となっており、県人口減少に歯止めをかけるべく雇用環境整備に取り組んでいる本県に追い討ちをかけている。今後、若年層を含む多くの離職者の県外流出が進めば、少子高齢化とともに地域活力は加速度的に衰退することは必至である。
 この難局において、真の地域活力の再生をはかるため我々議会人もまた、全力でこれに立ち向かわなければならない。国においては、総合対策を早期に実施することが必要不可欠である。
 一方、地方財政対策については、国の生活防衛対策の決定により、通常ルールとは別枠であるものの、来年度も引き続き地方交付税総額の増額が実現したことは、地方の要請に応えた点で一定の評価をするところである。今後とも引き続き国に対し地方交付税の持続的かつ安定的な運用を求めていかなければならない。
 こうした現況をはじめ、地方を取り巻く諸課題を打開し、住民福祉の向上を実現するためには、本県町村が自立した行財政運営の確立をめざし、豊かで個性あふれる地域社会を実現できるよう、地域住民と共にまちづくりに全精力を傾注しなければならない。
 我々議会人は、住民の代表として期待される役割を十分に果たしつつ、真の地方自治の確立と地域の発展のため、次の事項の実現に全力を挙げて取り組む。

                            記

1 自主的・自立的な地域づくりを実現する真の地方分権の確立を期する
1 三位一体改革により削減された地方交付税総額の復元・増額を期する
1 平成22年度以降の新たな過疎対策法の制定実現を期する
1 企業誘致や地場産業育成など雇用環境整備の推進を期する
1 少子化及び高齢化に対応した福祉施策の推進を期する
1 医師・看護師の確保など地域医療体制の整備の推進を期する
1 次代を担う人づくり施策並びに教育環境の充実策の推進を期する
1 情報通信技術の進展に対応した地域情報課策の推進を期する
1 産地づくり施策等の適切な枠組みのもと食料自給力向上を目指した農業振興策の推進を期する
1 魅力ある農山漁村実現のための農林漁業振興策の推進を期する
1 町村道の整備と高速道路のネットワーク化の推進を期する
1 町村議会の活性化を期する

 以上、決議する。


■第52回町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
   平成20年11月19日(水)/東京都

 
全国町村議会議長会は、去る11月19日、東京都において、「第52回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国999町村から議会議長・関係者等が集結しました。また、会場には麻生内閣総理大臣をはじめとする来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言、決議13項目及び「分権型社会の実現に関する特別決議」「町村税財源の充実強化に関する特別決議」、要望23項目が満場一致で採択・決定されました。
【町村議会議長全国大会に関する決議等詳細はこちら(全国町村議会議長会HP/pdfファイル)をご覧ください】


■「平成21年度県予算及び施策に関する要望事項」【要望活動】(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成20年10月27日(月)/秋田市

 
秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成21年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出しました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。

************************************

1 目指せ“元気な担い手”農業夢プラン応援事業の充実強化について

 平成19年度から実施されている水田経営所得安定対策(旧品目横断的経営安定対策)を積極的に推進するうえで、目指せ“元気な担い手”農業夢プラン応援事業は、農家の期待も大きく、効果の大きい支援策であるので、平成21年度以降も継続するとともに充実強化すること。

2 企業誘致・l企業立地の積極的推進による雇用の確保について

(1) 資源リサイクル、医療機器、木材関連、自動車関連、電子、食料品関連産業の更なる集積や農産品の加工業の育成強化等を一層推進すること。
(2) 民間企業に対する県内の大学、公設研究機関等による共同研究・技術支援を拡充すること。
(3) 建設業など既存企業による農業分野への参入を拡充するなど支援措置を講ずること。


3 県管理国道及び県道の整備促進について

 町村から要望のある別紙県管理国道及び県道の整備箇所について、必要とする予算を確保のうえ、早期に整備すること。

【一般国道】
小坂町(282号・454号) 上小阿仁村(285号) 五城目町(285号) 羽後町(398号)

【県道】
上小阿仁村(琴丘上小阿仁線・屋布沖田面線・杉沢上小阿仁線) 五城目町(秋田八郎潟線・能代五城目線・真坂五城目線・三倉鼻五城目線) 井川町(北ノ又井川線) 大潟村(男鹿八竜線・男鹿琴丘線) 美郷町(金沢吉田柳田線・角館六郷線・熊堂六郷線・川西六郷線・花巻大曲線) 羽後町(十文字羽後鳥海線) 東成瀬村(横手東成瀬線)


■第58回定期総会【決議・要望活動】
   平成20年2月22日(金)/市町村会館


〔決議〕
 秋田県町村議会議長会では、去る2月22日に開催した第58回定期総会において、以下の決議を採択しました。

        ***********************************************

 我が国国土面積の七割を支える農山漁村は、食料の供給、水源涵養、国土保全など重要な役割を果たしているが、少子高齢化の進行、農林漁業の低迷、更には、地方交付税の大幅削減などにより、魅力あふれる、活力あるまちづくりが困難になっているだけでなく、これまでに農山漁村が果たしている公益的機能の維持すら危ぶまれる状況となっている。
 このような状況を打開し、真に地域を再生させるには、それぞれの町村が元気になることであり、そのためには国の権限を委譲する地方分権の確立と、それに伴う財源を地方に移譲することである。
 また、県人口の減少に歯止めがかからないのは、県内に就業ニーズにあった企業が少ないためであり、若者が県外に職を求めて流出する状況を食い止めるため、積極的な企業誘致活動と地場産業への支援も重要な政策である。
 我々議会人は、住民の代表として期待される役割を十分に果たしつつ、真の地方自治の確立と地域の発展のため、次の事項の実現に全力を挙げて取り組む。

                            記

1 自主的・自立的な施策が展開できる地方分権の確立を期する
1 町村税財源の確保を期する
1 企業誘致の積極的推進と地場産業に対する支援の強化を期する
1 農林水産業の強化を期する
1 環境保全対策の推進を期する
1 情報技術の進展に即した地域情報化の推進を期する
1 地域保健医療、医療保険制度の改善を期する
1 少子・高齢化社会に対応した保健福祉対策の充実強化を期する
1 教育・文化の振興、青少年健全育成対策の充実強化を期する
1 生活環境施設、町村道、高速道路ネットワーク化を期する
1 町村議会の活性化を期する

 以上、決議する。


■町村議会議長全国大会【決議・要望活動】
  平成19年11月30日(金)/東京都

 
 全国町村議会議長会は、去る11月30日、東京都において、「第51回町村議会議長全国大会」を開催しました。
 大会には、全国1,018町村から議会議長・関係者等が終結しました。また、会場には福田内閣総理大臣をはじめとする来賓が来場しました。
 議事では、提案された宣言、決議13項目及び「分権時代に対応した基礎自治体の確立に関する特別決議」「地方交付税の復元・増額等に関する特別決議」、要望32項目が満場一致で採択・決定されました。
【町村議会議長全国大会に関する決議等詳細はこちら(全国町村議会議長会HP/pdfファイル)をご覧ください】


■「平成20年度県予算及び施策に関する要望事項」【要望活動】(知事と市町村議会議長との行政懇談会)
  平成19年11月27日(火)/秋田市

  秋田県町村議会議長会は、「知事と市町村議会議長との行政懇談会」において、秋田県市議会議長会とともに、「平成20年度県予算及び施策に関する要望事項」を提出しました。
 秋田県町村議会議長会提出分の重点要望内容は次のとおりです。

************************************

1 地域医療対策の充実強化について

 地域医療の拠点となっている農山村地域の自治体病院や公的診療所では、特に産婦人科医・小児科医・麻酔科医・精神科医が不足しており、県北・県南地区では、医師不足のため診療科や入院病床等の休止に追い込まれた病院もあります。
 また、診療報酬が減額改定された場合、病院経営が大変厳しくなり、医療の拠点の存続にまで影響することが予想されます。
 自治体病院や公的診療所の医師確保は地域住民の健康と生命を守るうえで、喫緊の課題であることから、次の事項の実現に向けて、特段の措置を講じられるよう要望します。

(1) 農山村地域における自治体病院や公的診療所の医師確保に向けた対策を強化すること。

(2) 自治体病院等の施設整備に係る財政措置を充実するとともに、診療報酬の改定にあたっては、自治体病院の実情を十分配慮するよう国に働きかけること。

2 松くい虫被害対策及びヤマビル被害対策の一層の推進について

 本県の松くい虫被害は、平成18年度末で26,300立方mと平成15年度から4年連続して減少しつつありますが、被害面積が高水準にあり、海岸林や保安林、県民が憩いの場としている景勝地、公園、更に古木や銘木に至るまで深刻な状況下にあります。
 また、ヤマビルは、秋田市、潟上市、五城目町、井川町、上小阿仁村の5市町村に生息し、生息範囲を年々拡大しております。吸血の被害者は、林業労働者、電力関係者や山菜採りの一般県民等を中心に相当数に上っており、最近では、住宅敷地内での被害も発生し、安心した生活が脅かされている現状にあります。
 つきましては、松くい虫被害の防止とヤマビル被害根絶へ向け、次の事項について特段の措置を講じられるよう要望します

(1) 松くい虫被害を防止するため、国、県をはじめ県の関係機関等が緊密な連携を図り、抜本的な被害対策と防除対策等を強力に推進すること。

(2) 秋田ヤマビル被害対策連絡会議の機能を一層強化するとともに、予防策や防除法を含めたあらゆる対策を強力に推進すること。

3 県管理国道及び県道の整備促進について

 県で管理している国道及び県道の整備は、緊急医療の輸送路確保、企業誘致など産業の振興、又、広域観光の振興や冬期交通の確保、更には都市部に集中する渋滞の緩和など、地域住民の生活や産業の振興に欠かすことのできない重要な課題であります。
 つきましては、町村から整備要望のある箇所について、予算を大幅に確保し、早期に整備するよう要望すします。

【一般国道】
小坂町(282号・454号) 上小阿仁村(285号) 八峰町(101号) 五城目町(285号) 羽後町(398号) 東成瀬村(342号・397号)

【県道】
上小阿仁村(琴丘上小阿仁線・屋布沖田面線・杉沢上小阿仁線) 八峰町(常盤峰浜線) 五城目町(秋田八郎潟線・能代五城目線・真坂五城目線・三倉鼻五城目線) 八郎潟町・大潟村(道村大川線) 井川町(北ノ又井川線) 大潟村(男鹿八竜線・男鹿琴丘線) 美郷町(金沢吉田柳田線・角館六郷線・耳取後三年停車場線) 羽後町(十文字羽後鳥海線・大曲大森羽後線) 東成瀬村(横手東成瀬線)


■「農地・水・環境保全向上対策の充実強化について」要望【要望活動】
  平成19年8月10日(金)/秋田県土地改良事業団体連合会


 秋田県町村議会議長会は去る8月11日午後、秋田県土地改良事業団体連合会に対し、「農地・水・環境保全向上対策の充実強化について」要望書を提出しました。
 要望内容は次のとおりです。

************************************

農地・水・環境保全向上対策の充実強化について

 食料・農業・農村基本計画の施策の柱である品目横断的経営安定対策と車の両輪と位置づけた「農地・水・環境保全対策」は、農業従事者の減少と地域社会の高齢化・過疎化に悩む町村にとって、農村社会の活性化と農地・水・環境の適切な管理を維持する上で大きな役割を果たすものであります。
 このため、各町村が、事業主体となる活動組織の結成に向けて活動した結果、本県全体で700を超える活動組織が結成される見込みとなっており、積極的な取り組みが期待されているところであります。
 つきましては、制度をより実効性のあるものとするため、次の事項の実現方について特段のご尽力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

(1)対策を推進する上で、財政の極めて厳しい町村の持ち出しが多くならないよう、必要とする地方財政措置が確実に配分されるよう国に働きかけること。

(2)地域の実情に合わせた取り組みができるよう、制度の弾力的運用について国に働きかけること。

(3)地域の土地改良区が積極的に取り組むよう指導すること。


BACK