■設立の目的
秋田県町村電算システム共同事業組合は、県内各町村の行政事務に係わる電算システムの共同化を推進し、システム費用の低減化及び業務の標準化をはかることを目的として、平成25年4月1日に設立されました。
  ■構成町村
小坂町、上小阿仁村、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、八郎潟町、井川町、
大潟村、美郷町、羽後町、東成瀬村

←(クリックすると拡大します)
  ■事業内容
組合は、次に掲げる事務を共同処理する。(組合規約第3条)
(1) 電算共同システムの整備、管理及び運営に関する事務
(2) 電算共同システムに関わるネットワークの整備、管理及び運営に関する事務

  ■秋田県町村共同電算システムイメージ
組合は、システム調達をA領域からE領域に分けて実施する。
第1次調達はA領域〜C領域を調達した。
←(クリックすると拡大します)
  ■電算システム共同化について
 本県町村の電算システム共同化は、町村間の距離的な問題やサポート体制の問題など、地方の町村がいかにしてクラウド型の共同化を実現できるか課題が多く、平成21年度から調査・検討を進めて参りました。平成23年度に全町村長の合意があり、翌24年度に共同システムの調達を行いました。あわせて、大容量の情報データを送受信するための共同利用高速回線網の調達も実施しました。
 その結果、ネットワークに関してはNTT東日本が、共同システムに関しては地元企業によるコンソーシアムに決まりました。全町村共同利用の高速回線網は地理的な課題を克服し、地元企業の強力なバックアップにより安心なサポートを得ることができることとなりました。加えて、重要データの管理は、高度な情報セキュリティを確保した堅牢なデータセンターの利用および遠隔地バックアップが可能となりました。

  ■提供する情報システム
B領域 基幹系アプリケーションデータセンター領域(42業務)
 1 住民基本台帳  2 印鑑登録  3 住登外・宛名
 4 総合窓口  5 国民年金  6 国保資格
 7 国保高額療養費  8 個人住民税  9 法人住民税
10 軽自動車税 11 固定資産税(土地) 12 固定資産税(家屋)
13 固定資産税(償却資産) 14 国民健康保険税 15 税務申告
16 収納管理 17 滞納管理 18 児童手当(こども手当)
19 福祉医療 20 後期高齢者医療 21 障害者福祉
22 自立支援 23 介護保険 24 包括支援
25 選挙人名簿 26 期日前・不在者投票 27 農業委員会選挙
28 国民投票 29 学齢簿 30 保育料
31 幼稚園授業料 32 給食費管理業務 33 就学援助
34 奨学資金 35 飼い犬管理 36 交通災害共済
37 企業会計 38 農地(農家)台帳 39 公営住宅管理
40 水道料金 41 下水道受益者負担金 42 集落排水使用料

C領域 内部情報系アプリケーションデータセンター領域(10業務)
 1 財務会計  2 起債管理  3 備品管理
 4 公有財産管理  5 業者管理  6 給与
 7 人事  8 庶務事務(出退勤管理)  9 文書管理システム
10 グループウェア

BACK