■全国町村会 共済制度


任意共済保険

 全国町村会は、町村等職員の生命保険として、次の任意加入による共済制度を設けています。

 任意共済保険(主保険)は町村等職員の疾病または災害による死亡・高度障害状態を保障する制度です。
[特徴]
@1年更新(毎年1月1日)なので、1年ごとに保障内容を見直せます。
A1年ごとに収支計算を行い、剰余金が生じた場合は、配当金を支払います。
B告知書扱いで申込手続きが簡単です。
C本制度の規模による割引が適用された掛金です。
D保険金受取方法は、全額一時金受取のほか、全部または一部を年金として受け取ることもできます(こども特約を除く)。
[保険金額(主保険)]
 職員の方は3,000万円から600万円までの7段階、配偶者は800万円から500万円までの3段階から任意に選択できます。
死亡(高度障害)
保険金
疾病による場合 職員 3,000万円〜 600万円
配偶者 800万円〜 500万円
こども 400万円
不慮の事故による場合
(保険金額+災害保険金額)
職員 6,000万円〜1,200万円
配偶者 1,600万円〜1,000万円
こども 600万円

[掛金(月額)]
【例:15歳〜35歳の職員の場合】
区分 職員
保険金額 600万円 800万円 1,000万円 1,500万円 2,000万円 2,500万円 3,000万円
掛金 男性 738 984 1,230 1,845 2,460 3,075 3,690
女性 480 640 800 1,200 1,600 2,000 2,400

<給付内容と掛金詳細はこちら>


≪任意付加≫[医療保障保険(団体型)]

 主保険にあわせて加入できる医療保障保険は、町村等職員の入院・手術・(退職後)通院を保障する制度です。

【例:30歳〜34歳の職員の場合】
区分 職員
保険金額 入院給付金(日額) 12,000 10,000 8,000 5,000
手術給付金 入院給付金日額×手術の種類により10倍・20倍・40倍
通院給付金(日額) 6,000 5,000 4,000 2,500
掛金 3,084 2,570 2,056 1,285

<給付内容と掛金詳細はこちら>


【共済制度に関する問い合わせ先】
各町村等総務担当課共済担当者/秋田県町村会業務課(共済担当)


BACK