町村時報No508
3/10

全国町村会自治功労者表彰小坂町長         町村長(在職3期)〔八郎潟町〕〔大潟村〕〔美郷町〕〔羽後町〕〔東成瀬村〕町村職員自治功労者を代表して、一言お礼を申し上げます。はじめに、本日は自治功労者表彰式をこのように開催していただき、来賓の皆様をはじめ、全県の町村長、また関係各位の皆様には心より感謝申し上げます。私たちがそれぞれの町村に奉職して早三十五年が経ち、今日まで大過なく勤めさせていただき、この日を迎えることができましたのも、ひとえに良き上司や先輩、同僚職員、地域の方々など自分を取り巻く多くの皆様のご指導、ご支援の賜物と深く感謝しております。この三十五年を振り返ってみますと、採用当時は上司の指導を得て、目の前の業務をこなすのに精一杯であったように思います。採用当時は、まだ、職場のあちこちでそろばんの音が聞こえていたのが電卓に代わり、その電卓も現在ではソーラー式が主流となっております。職場の印刷機がガリ版からオフセットに代わったのも、この頃かなと思います。しかしながら、もっとも衝撃的だったのがオフコンの導入であります。それまで、ほとんどの作業において手書きの台帳で管理していたものが、自前で必要なデータを入力するとオフコンで計算され、プリンターに出力されるという、頭の中を百八十度切り替えないと時代についていけなくなり、現在ではサーバ・クライアント方式で、職員ひとりひとりにパソコンが行き渡り、電算なしでは職務を遂行できない時代になっております。また、採用当時は、全県、六十九市町村だったのが、平成の大合併によって二十五市町村に再編成されております。今日、ここに出席されておられる受賞者も、合併事務には、少なからず関わってこられたことと思いますが、町村職員にも増して、町村会をはじめ、職員共済組合、総合事務組合など、私たち職員を支えておられる各種の組織、団体の方々には、一言では語り尽くせないご支援を賜り、この場をお借りして、お礼を申し上げます。電算の導入でもおわかりのように、時代の流れとともに私たちを取り巻く社会環境も大きく変わっております。地場産業の低下、経済の低迷による雇用不安、過疎化による人口減少に加え、少子高齢化が予想を上回る速度で進行しており、切磋琢磨しておりますが、まだまた、好転の兆しが見えておりません。被表彰者代表行政に対する住民ニーズも多様化してきており、自治体職員は創意工夫によりスピード感を持って、住民の付託に答えていかなければなりません。今一度初心に返り、全力で職務に励んで参る所存であります。今後とも微力ではありますが、本日の意義深い日を契機に、気持ちを新たにして参りますので、なお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、受賞者を代表してお礼の言葉とさせていただきます。本日は、誠にありがとうございました。藤里町川村千昭さん小野鳴海田中  司髙橋真智子飯田菊田小貫鈴木千都清佐藤畑山奈保子佐々木富美子  佐々木茂木小沼美奈子麻生菊地満  丹  均    洋           謝 辞   3    細越備前〔以 上41名〕〔以上1名〕良幸一元  長悦弘和隆司静子仁志良子茂樹博和  来賓:阿部秋田県町村議会議長会長被表彰者代表藤里町 川村千昭 さん来賓:佐竹秋田県知事佐々木町村会長

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る