町村時報No513
5/12

(2)諸会議の開催(3)各種情報の提供(4)市町村職員研修ぼす重要課題で、新たな動きが生じようとしている場合は、緊急要望を採択するとともに実行運動を展開する。ア.平成32年度県予算に対する町村② ③ ④ ② ① ②①  ② ① ④ ③ ⑤ 5要望については、年末の予算編成に対応すべく、秋田県市長会との協力のもと「知事と市町村長との行政懇談会」を開催し、知事に直接働き掛けることで要望事項の実現を期すとともに、県幹部との意見交換を行うことで具体的課題の解決を図る。イ.制度の見直しや災害対応など、町村にかかる緊急課題の解決にあたっては、随時、県関係部局等との会議を開催するなど、政策提言県予算に対する活動を行う。政務調査の活性化  政務活動を活性化し、町村の課題解決に資する。ア.政務に関する会議を随時開催し、諸課題への対応を協議するとともに、合わせて情報収集等を図る。イ.政務に関する会議のうち1回を町村で開催することとし、併せて当該及び周辺町村の先進事例の視察を行う。ウ.県幹部及び市長会との意見交換を随時行い、本県市町村の課題解決を協議する。エ.政務に関する事項を審議する理事会の下部機関として、町村の担当課長による幹事会を設置し、要望事項原案の協議を行う。調査研究活動ア.災害対策、税制改正をはじめ、町村の課題に関する研究活動を随時実施し、町村の地域活性化に資する。イ.全国町村会の主催する「町イチ!村イチ!2019」への参加を促進するとともに、参加町村に事業費の一部を助成する。ウ.秋田県町村会創立100周年記念事業に向けた企画等の準備を行う。正副会長会議、理事会等を随時開催し、町村をめぐる諸問題解決にあたる。任期満了に伴う役員改選の理事会を開催する。③各町村に本会業務の周知を図り、業務運営に協力を得るため、町村総務担当課長会議を開催する。「町村時報」を発行し、町村をはじめ関係団体等に本会の活動等を広く周知することに努める。ホームページを充実し、これを活用した情報の迅速な提供に努める。本会の独自研修として、次の研修を実施する。ア.町村長行政視察研修イ.町村長中央研修会ウ.在京有識者懇談会エ.町村長・議長政策研究会オ.副町村長研修カ.政務担当課長現地研修会県自治研修所と緊密な連絡のもとに、次の研修を実施する。また、受講者負担金を本会が負担し、職員の受講を推進する。ア.新規採用職員研修イ.3年目職員研修ウ.主任級研修エ.監督者級Ⅰ研修オ.監督者級Ⅱ研修カ.人事評価者研修県・市町村職員合同により、能力開発研修を実施する。(30科目自治大学校で行われる各種研修について、町村職員の受講を推奨する。県市町村振興協会が実施する町村職員の海外視察研修事業につい八郎潟町で開催された理事会(H30)前回開催された「町イチ!村イチ!2017」県関係自由民主党国会議員への実行運動(H30)34講座)

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る